女性

信頼度の高い業者の条件

引越しを無事に完了させるには、サービス内容をリストアップするだけでなく複数の見積もりを取り料金をチェックしてみることが大切です。数多くの業者があるので、トラブルのないサービスを受けられるように事前確認を怠らないようにしましょう。

詳しく見る

授業

転居当日は何に注意するか

引越し業者にすべての作業を任せるのではなく、自分で行うべきことなどをチェックリストでまとめておくのも1つの手です。チェックリストを確認しながら作業を進めることで、スムーズに転居が行えるようにすることが大切です。

詳しく見る

教師

事前の準備を

引越しをする時は様々な確認をする必要があり、リストにして後からチェックすると忘れないで良いです。リストを作ることで、引越し会社の比較もできます。各引越し会社のキャンペーンをリストにしておいて、比較する方法もあります。

詳しく見る

study

引越すときの手続き

引越し業者の公式ホームページでは、引越しに必要な手続きが分かりやすくチェックリストとして載っている場合が多いです。新しい部屋に住み始めるのに必要なことがまとめられているので、参考にしてしっかりと手続きしましょう。

詳しく見る

授業を受ける人

事前に行えること

引越しの際には事前にやっておかなければいけないことなどチェックリストを作っておくことで、スムーズに作業を進めることができます。漏れもなくなってくるので、後で困ることもなく準備をすることができるようになるでしょう。

詳しく見る

引っ越し準備の豆知識

English

引っ越し準備は荷解きを考えて

引越しをすることが決まったら、やることがたくさんあるので、チェックリストを作ることをお勧めします。引越し業者に荷造りや荷解きも依頼できるパックもありますが、要るものと要らないものを選別できるのは引越しをする本人だけだからです。まずは大型の家具や家電を持って行くかどうか決めます。古くなってしまった家電を買い替える良いタイミングでもありますので、よく考えます。大型家具や家電は粗大ごみとして処分するのに申し込みから回収までに時間がかかったり費用も掛かりますので、まず最初に行います。次に使わないけれど捨てられないアルバムなどを詰めます。そして、季節外れの家電や布団、服などをそれぞれ、要るものと要らないものにわけます。要らないものを箱詰めしても荷解きが大変ですし、費用もかさんでしまうからです。要らないものもゴミとして処分するだけでなく、リサイクルショップやフリマなどに出すなどして、極力ゴミを出さないような工夫も大切です。チェックリストを作り、使う頻度の少ないものから、箱詰めをします。段ボールのふたを閉めるのは最後でもいいでしょう。段ボールの外側に中身を記載して、通し番号を付けておき、チェックリストと照らし合わせると降ろし忘れを防ぐことが出来ます。段ボールは自分の持てる重さまでにすることです。妻が持てる重さなら、夫でも引越し業者でも持てるからです。食器は段ボールの下にも新聞紙やエアキャップを敷き、ひとつずつ、新聞紙などに包んでから箱詰めし、上下左右に揺れないようにすき間にも新聞紙を詰めます。茶碗やコップなどすぐに使うものはひとまとめにしておくと良いでしょう。調味料はこぼれないように、きっちりとふたをして、念のためにひとつずつビニール袋に入れてから箱詰めします。洗剤や雑巾、スポンジもひとまとめにしておきます。引越しは荷造りだけでなく、ライフラインや市役所の届け出など手続きも必要なので、こちらもチェックリストを作成しておきます。